MY LIFE

『本音で生きる』×あんさん 【本の紹介】

はじめに

 

私が読んだ本を、本との出会いから紹介していくとともに、私が印象に残った場面を印ポイントとしてまとめ、私の経験談に沿った個人的な感想をメモ書き程度にまとめていきます。おわりに、書籍についてのリンクなども載せておきます。

 

注意~attention

こちらの記事では、本の紹介をするため、当然、ネタバレする恐れもあるので、ご理解された方のみ、この先お読み下さい✨

 

本の内容をご自身で楽しみたいという方は、本を一度、最後まで読んだ後にこの記事に目を通して下さい🎵

 

よろしくお願い致します✨

 

 

 

本との出会い

 

こちらの本は、ちょうど1ヶ月程前に電子書籍で購入して読みました。

その他の著書を読んでいく中で、堀江さんの考え方に興味が湧き、何かいい本ないかなと思った時に、出会った本でした。

堀江さんはじめ、こちらの書籍を推薦しているひろゆきさんなど、様々な価値観、考え方と出会うことで、自分自身、成長することができている気がしているので、これからも本当の出会い、人との出会いは大事にしたいと考えています。

 

 

 

印ポイント

 

“「お互いの価値観が異なっていることがわかる」というのは、とても大事なことだ。 No.268”

 

「私とあなたで、価値観が異なっている」という前提で、関わることはとても大事だと私も感じました。

例えば、私がオシャレだと思う服を「相手がオシャレだとは思っていないかもしれない」または、私が良いと思ったアイデアを「相手は良いとは思っていないかもしれない」という認識を持つことで、相手は相手、自分は自分とセパレートすることができるのでしょうね。

 

私の価値観だけが、答えではない。

 

 


“些細なことでよいから、常に小さなチャレンジを行ない、少しずつ少しずつ成功体験を重ねていく。なんでもうまくこなせる人間と比較して落ち込むのは無意味なことだ。ここで比べるべきは、過去の自分。自分の成長を実感できればそれが自信になる。 No.473”

 

私自身も以前、医療従事者として勤めていた時には患者様の小さな小さな成功や成長を把握して、フィードバックするように気をつけていました。

完璧な人間像というか理想するイメージはかなり高いものがあったりもする。それは患者様だけではなく、私自身も、高いイメージを持ってしまうことがあります。

例えば、「あの人は出来ているのに、自分は出来ていない」という他人と私との事実を比べることで、まだ出来ていないと認識してしまうことや、まだ完璧に出来ない自分を全然成長していないと認識してしまうことです。

そんな時に、この文章にもあるように「過去の自分」と比較することで、前より少し成長できているという事実を積み重ねることが、自信を形成していく土台のようなものになるのではないかなと思っています。

 

比較するのは「過去の自分」だけにしよう。

 

 


“言い訳をやめると、本当にすっきりする。すぐに体が動くようになる。 p500”

 

私も実生活では言い訳ばかり言ってるなと反省。

結局、言い訳というのは、自分を守るための鎧みたいなものだなと思っています。

私自身も『何か、やりたくないこと』とぶつかった時に『できないための言い訳探し』をしているような気分になることがあります。

『頭の中で言い訳を探して、これがあるから、こうだから、やりたくない(できない)』
→そして、考えるから疲れる
→鎧を身に付けているから、動きづらい。

という悪循環を生み出していると私も思います。

 

言い訳を探すのをやめて、素直に生きていきたいです。

 

 


“安定を求めることは、リスクだ。その場に留まり続けることは、同じ状態でい続けることではなく、劣化していくということなのだ。 p568”

 

私は5年近く勤めた職場を退職しました。

2、3年ぐらい経過し、このまま何も考えずに従順に働いていけば、一定の給料は振り込まれるし、生きていくだけのお金は手に入る。そんな気がしていました。

 

ただ、それで本当にいいのかな?って考えてしまいました。

 

一度考えだすと、深くハマっていく傾向にある私ですので、違う仕事をしている人や違う世界を観たいと思い、自分の興味あるジャンルについて調べ、色々な人のもとへ話を聴きに行ったり、自分の意志で動いていました

いま、考えると、一定の給料が振り込まれる、そして、高齢社会が今後も継続されていく時代において、前の職場は一つの安定だったんだと思います

たぶん、この先何年かは衰退することなく安定するとは思いますが、それでいて成長するか、変革していくことができるかと考えると、私の場合の答えはNOだったのだと思います

 

同じ状態でいることは心地よいし、不安がないのかも知れないけど、逆に考えると、それに甘えてしまい、成長しないよね?

逆に、同じじゃない状態でいる、安定しない状態にいるというのは、心地悪いし、不安があるかも知れないけど、成長と隣り合わせなんだと考えています。

そもそも仕事においても、恋愛においても、人生において、安定なんてないと私は思っています。

医者は安定している職業だと言われているけど、今後もそう言えますか?

患者の症状や状態を分析して診断をくだす。それって、テクノロジーでできちゃいそうじゃないですか?
そんな世の中なので、テクノロジーではできない部分を備え持ったお医者さんが生き抜いていくと私は考えています。

10年先の未来は誰も分かりません。

恋愛についても、環境が変われば心も変わりますし、変わらないでいようと思うことってなんか違うよなと私は思います。それって、本音なのかな?って思っちゃいます。笑

 

環境が変わっても心が通じ合えているからこそ、素晴らしいんだと思います。

 

そこに努力が入るのはなんか違うよなと私は思います。

 

安定を求めずに、不安定の中で生きぬくことを、私は大事にしたいと思っています。

 

 


“結局、他人のことなんて、誰も気にしてはいない。 No.616”

 

その通りだと思いました。笑

私は気にしやすい性格なので、時々考えてしまうことがあります。

 

例えば、駅地下のデパートの重たいドアを開けた時に、後ろから人が歩いてきた場面。

 

私は、少しほんの1コンマ数秒ドアをいつもより長く押して開けてから手を放すのですが、そのときに、予想よりも後ろとの距離があり、勢いよく、後ろの人にドンとドアがぶつかったりすることが時々あります。

そんな時に、「ああ。もうちょっと開けておいておけば良かった」と考えたりします。笑

 

 

この気持ち、わかりますか?笑

 

 

そんなことって、相手は気にしていないですよね。笑

そのことに思い悩んでるなんて、気にしてないですよね。笑

 

親しいと考えられている親や家族においても、24時間、365日、相手のことを考えているわけではないですしね。

結局は、人は自分のことを考えているんですよね。笑

 

結局、気にするかなと思っていることって、案外、相手は気にしていないということも多いんですよね。

 

 


“実際には存在しない「世間」などというものを気にする必要はまったくないのだ。 No.622”

 

たしかに「世間体が悪い」と思うと、確かに、周りの言うがままに決断してしまうことがあるかもしれない。

「たいていは」とか「普通は」とか「世間一般は」という言葉がそのいい例ですね。

 

「世間」など存在しない。

 

自分らしく「世間」というものを気にせず行動できるようになりたいものです。

 

 


“特に「5分で終わる仕事」は片っ端からやっていこう。 No.885”

 

すぐ終わらせることのできる仕事はすぐに、終わらせる。

 

確かに、優先順位を考えて、「じゃあ、これを先に、これは後から」とやっているうちに一つの仕事を終わらせることができたり、終わらせるまでいかなくとも、一つの仕事の何割かを進められることができますもんね!

 

これは次の職場でも頑張ってみようと思います。

 

 

 

感想

 

『本音で生きる』とのタイトルに完全に心を奪われました。

 

自分自身は、本音で生きているか。

 

一生に1度の人生なのに本音で生きなくていいのか。

 

そんなことを考える機会となりました。

 

そして、自分の人生を創造していくための考え方の一つとしてとても勉強になりました。

読み手に「それでいいのか!?」と問いかけるような文が多く、グサッと突き刺さる感じをうける人も多いかもしれません。

私自身は、言い訳している自分を改めて見つめ直さないといけないなと強く感じました。

これから就職するという大学生や転職する直前という会社員などにオススメしたい一冊だと私は思います。

 

 

 

おわりに

 

堀江さん、SBクリエイティブ株式会社さん、ありがとうございました!

 

こういう本って読んだだけで満足してしまいますが、それだけでは変わらないので、それを実際の行動に落とし込むことが一番大事だなと私は思っています。

そのためにも、メモや今回のブログの記事、読書会で紹介したり、アウトプットすることで「自分はできているか」と振り返る機会を設けることも大事であると考えています✨

 

 

みなさん、どうでしょうか。

今回の本、気になったでしょうか?

 

最後にリンクがあるので、ぜひ確認してみてください♪

 

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

 

今回の本はコチラ

『本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方』 著)堀江 貴文 さん

AmazonさんのSTOREへとびます。

 

 

☆ ★ ☆ ★ コチラもチェック ☆ ★ ☆ ★

コチラもオススメ
『あなたは本当に魅力的な人間ですね』×あんさん

はじめに   私が読んだ本を、本との出会いから紹介していくとともに、私が印象に残った場面を印ポイントとしてまとめ、私の経験談に沿った個人的な感想をメモ書き程度にまとめていきます。おわりに、書 ...

続きを見る

 

 

 

おしらせ

BOOK MAKES HAPPINESS 公式LINEを開設しました!

お友達追加、会員登録共に無料で可能です。

今後、どんどんためになる情報を発信していく予定です。

まずはお気軽に、LINEで『@633laeto』追加お願いします。

 

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あんさん

あんさん

出身地:北海道。札幌市。 経歴:市内の中学、高校卒業後、リハビリ(作業療法士)国家資格取得。 同市内の一般・療養病院にて4年間勤務。 得意なこと:どこでも読書ができること。もの作り。 趣味:読書、音楽鑑賞、旅行、ゲーム、成長すること。 好きな本のジャンル:自己啓発本、心理学系、教育系。 SNSについて:各種SNS、気軽にフォローどうぞ。いいねとか喜びます。笑

-MY LIFE,
-, , , , , , ,

Copyright© あんさんブログ BOOK MAKES HAPPINESS , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.