MY LIFE

『捨て本』×あんさん 【本の紹介】

はじめに

 

私が読んだ本を、本との出会いから紹介していくとともに、私が印象に残った場面を印ポイントとしてまとめ、私の経験談に沿った個人的な感想をメモ書き程度にまとめていきます。

おわりに、書籍についてのリンクなども載せておきます。

 

こちらの記事では、本の紹介をするため、当然、ネタバレする恐れもあるので、ご理解された方のみお読み下さい✨

 

本の内容をご自身で楽しみたいという方は、本を最後まで読んだ後にこの記事に目を通して下さい🎵

 

 

本との出会い

 

YouTubeやインターネット上に数々の名言や、とても心に響く言葉を残している堀江貴文さん。

私は以前から、堀江さんの本に興味がありました。

私が前の職場で働き、苦しい状況で悩んでいた時、堀江さんの著書である『あり金は全部使え 貯めるバカほど貧しくなる』『ハッタリの流儀』などをKindle本で読了した後に、単行本で初めて購入した書籍です。

 

 

印ポイント

 

“あなたの持ち物は、良くも悪くもたいてい「捨てられない」「捨ててはいけない」ものばかりだ。

でもあえて、聞こう。

本当に?本心から、そう思っている?”

・ ・ ・

“あなたはモノが大切なのではなくて、いま持っているモノにまつわる、人間関係や安心感に、見捨てられるのが怖いだけなんじゃないか。” p10

 

私はぬいぐるみが好きです。クマのぬいぐるみは6体ほど、自宅にいます🧸

いい歳してますが、枕元にも置いてあります。笑

 

それが無くなると・・・ 寂しいですね。

 

また、学生時代に使っていた参考書も未だに取っておいてあります。

 

それが無くなると・・・ 不安ですね。

 

確かに、これらの「捨てられない」モノは、モノにまつわる思い出を捨てきれないことが原因かもしれないです。

それがないと不安というのは思い込みかもしれません。

それがないと眠られないというのも思い込みでしかないのかもしれません。

 

 

だったら、捨ててもいいっか!

 


 

“豊かに生きるには、モノや他人への執着を捨て、いまを生きること。

他人を気にせず、自分の気持ちに従うこと。

ケチにならず、分け与えることだ。” p13

 

私自身、モノや他人に執着することが今まで多かった気がします。

いや、いま、現在においても。

あれは捨てられない大事なもの。あの人は大事。あれがなければ・・・など、手に何かを持っていないと不安なのかもしれないと感じました。

 

いっそのこと捨ててみよう。

 

そして、大事なのは、他人がどう思うか考えることではなく、自分がどうしたいかを考えること

自分だけが甘い蜜を吸おうと考えるのではなく、喜びは、他者と共感し合うことが大事だと感じました。

 


 

“金で全て満たされるような趣味に、意味はない” p35

 

堀江さんは切手収集にハマっていた時期があったそうです。

でも、ある時ふと思ったのだそう。確かに、お金で満たされる趣味は、お金持ちになったら達成されると考えると、つまらなく感じてしまうかもと思いました。

それにしても、子どもの頃にこれに気がつくとは凄いですね!

 


 

“趣味に夢中になる、その結果として同じボルテージで一緒に楽しんでくれる友達が、自然に現れてくれるのが理想だ。” p46

 

確かに、自分の好きなことをしていると、自然と仲間が増える。そして、同じような友達のコミュニティが生まれる。

無理に友達を作ろうとする必要はないのかもしれない。

 


 

“プライドを大事にして、いいことは、これっぽっちもない。” p53

 

この文章を読み、私は「プライドの塊かも」と感じました。

「捨てられたくない。愛されたい。傷つきたくない。カッコよくありたい。人の役に立つ人でありたい。」

そんな多くのプライドで雁字搦めになっているからストレスが溜まるのかもしれないとも思いました。

 

 

もう、全て捨ててしまいたいです。

 

 

というか、

 

 

捨てよう。

 

 

 

某アーティストの歌詞の一文が思い浮かびました。

 

“真っ新に生まれ変わって 人生一から始めようが へばりついて離れない 地続きの今を歩いて行くんだ” 作詞)Daiki Tsunetaさん

 

きっとへばりついて離れないのはもしかしたら、『プライド』なのかも知れませんね。

 


 

“人生において、自分を捨ててはいけない。絶対に、いけない。

・ ・ ・

誰かがあなたについてどう思おうが、それは何も問題ではない。相手の側の問題だ。他人が誰を嫌おうと、何を考えようと、あなたの人生には関わりがないのだ。” p68

 

おろおろ、危なかった!!

そうですね! 自分は捨ててはいけない!

私の行動について誰かが何と言おうが、その相手がどう思おうが、私には知ったこっちゃない。(もう少し優しい言い方で言いたい。笑)

ただ、私は、『私の人生を、自分を捨てずに生きていけばいい』はず。

他人が幸せになってるのを見て、応援することで、私は自分の満たされない人生を「自分も役に立つ人間だ」と、「私も幸せに貢献できている」と昇華しているだけと考えていました。

 

そんな昇華することに満足し、自分を、自分の人生を捨ててはいけませんね。

 

まだ、20代だ!

まだまだ、これからだ!✨

 

 

 

感想

 

堀江さん、徳間書店さん、ありがとうございます。

正直、私の印ポイントまだまだありますが、全ては紹介できませんでした。

部屋のお片付けをしている時に、再読したくなり、読み進めていました。

 

4月から新たなスタートの人も多いのではないでしょうか。また、もうすぐ3月になるので新学期や新年度へ向けた準備にとりかかる時期でしょう。

いま一度、『捨てること』について、考えてみてもいいかもしれません。

私自身も、『所有する』から『捨てる』へ、シフトして、軽く動けるようになりたいものです。

 

実際に読んでいると、頑張ろうと思うのですが、なかなか行動には移せないんですよね。

 

この読んだ直後の

 

「よし、やったるぜ!!!」

 

を、維持することが、とても難しい。

でも、できると気持ちがいいんだろうなと思います。

 

 

まずは、ぼろぼろのクマのぬいぐるみから捨てようか!

 

そして、教科書を紐で縛ろう!

 

 

そう、そこからだ✨

 

 

おわりに

 

みなさん、どうでしょうか。今回の本、気になったでしょうか?

最後にリンクあるので、確認してみてください♪

こう、ブログ書いている時は、ちょっと気持ちが落ち着きますね! 良きこと♪

 

それでは、最後まで読んでいただき、ありがとうございました😊

 

今回の本はコチラ

『捨て本』 著)堀江 孝文 さん

紀伊國屋書店さんのWEB STOREへとびます。

 

 

☆ ★ ☆ ★ コチラもチェック ☆ ★ ☆ ★

 

おしらせ

BOOK MAKES HAPPINESS 公式LINEを開設しました!

お友達追加、会員登録共に無料で可能です。

今後、どんどんためになる情報を発信していく予定です。

まずはお気軽に、LINEで『@633laeto』追加お願いします。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
あんさん

あんさん

出身地:北海道。札幌市。 経歴:市内の中学、高校卒業後、リハビリ(作業療法士)国家資格取得。 同市内の一般・療養病院にて4年間勤務。 得意なこと:どこでも読書ができること。もの作り。 趣味:読書、音楽鑑賞、旅行、ゲーム、成長すること。 好きな本のジャンル:自己啓発本、心理学系、教育系。 SNSについて:各種SNS、気軽にフォローどうぞ。いいねとか喜びます。笑

-MY LIFE,
-, ,

Copyright© あんさんブログ BOOK MAKES HAPPINESS , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.